ISO13485(QMS省令対応)の品質マニュアル作成ならお任せ下さい

ISO13485の品質マニュアル販売、コンサルティングはお任せください

日本はコロナに勝利したのか(国民編)

WRITER
 
手洗い励行
この記事を書いている人 - WRITER -
医療機器メーカーの工場長を23年経験しました。 本名は菊地孝仁、匠習作はペンネームです。 設計・製造・品質管理・安全管理まで経験済みです。 私自身、医療機器総括製造販売責任者、医療機器製造管理責任者の資格を有しています。 また、薬機法に関する業務も長年経験しております、QMS、GVP、ISO13485のマニュアル作成・運用まで対応しています。 21世紀のコア産業である、医療機器業界へ参入をお考えの経営者様、お気軽にご相談ください。


COVID-19
COVID-19 に関する最新の情報は内閣官房ホームページをご参照ください

緊急事態宣言解除、日本はコロナに勝利したのか(国民編)

緊急事態宣言中、そして解除されたあともまことしやかに囁かれたことがあります。

それは「日本人の生活様式こそがコロナ感染を防ぐ大きな要素になった」という、いわゆる、
日本人だからこそコロナは流行らなかったという考え方です。

これは米ブルームバーグや豪ABCなど、
各国の報道機関や調査期間がそのような報告や記事を発表したことでも、大いに流布されている説です。

しかし、本当にそれがコロナ対策の一助となったのでしょうか?

考えてみます。

日本人の生活様式に効果はあったと考えてもいい

結論から言えば、日本人の生活様式に効果はあったと言っていいでしょう。

それは伝統的な文化や、
ここ数10年で形成されたライフスタイルの上でも間違いのないことと言えるでしょう。

清潔好きの国民性

日本に住んでいて、教育機関において手洗いうがいの有効性を教わらなかった人はきっといないはずです。

そう、実はこういうところにも現れているのですが、
日本人は世界各国の国民と比べても格段に生活好きの民族であると言っていいでしょう。

そしてその根底にあるのは、感染症リスクの高い国に生まれたということでもあります。

歴史的に高温多湿の国である日本は、
食中毒や風土病の危険性が高く、常に疫病の恐怖の中で行きてきた国民でもあります。

そして、細菌学のイロハもない時代から日本人にとって疫病予防の第一歩は「清潔であること」だったのです。

そして、そんな先人の知恵は、新型コロナにも有効だったという事でもあります。

ハグやキスをしないなども効果があったと考えられる

数字として表すことは難しいですが、
新型コロナの特徴から見てハグやキスのない生活様式もポイントのひとつ。

これは、日本というよりも、挨拶の際ハグやキスどころか握手すら稀である日本を始めとするアジアと、
そうではない西洋諸国を比べた場合その推測は成り立ちます。

というのも、日本だけではなくアジア各国もまた西欧諸国に比べるとコロナの被害は小さいのです。

つまり、アジアが少ないのではなく西欧が多いということ。

そこにはライフスタイルの違いというのが大きく関わってくるはずです。

マスクを多用するという国民性

新型コロナウイルス流行当初から、
マスクの有用性というのは議論の的となってきました。

確かにコロナウイルスは、
医療用のマスクなどでないとその小ささからマスクを透過してしまうのは間違いないと言っていいでしょう。

しかし、マスクが飛沫やエアロゾルを防ぐことに効果的であるのも一方で間違いのない事実。

完全にマスクによって感染を防ぐことはできないにせよそのリスクを軽減させるということに関しては、
独立行政法人国立病院機構東京病院呼吸器センターの永井英明医師なども認めているのです。

そう考えれば、マスクを元から多用していた日本人に感染者数が少ないのもうなずけます。

コロナ流行が水面下で進んでいた2019年末から2020年初頭にかけて、
日本人は来たるべき冬季の風邪やインフルエンザ流行に備えてマスクをしていました。

そしてその後も積極的にマスクを多用。

そこには、間違いのない効果があったと認めても、もういいはずです。

日本のミラクルについて考える

海外において、日本での感染者数や死亡者数の少なさはミラクル称されています。

これは奇跡的にうまくいったという意味ではありますが、
理由がわからないのにうまくいっているという意味でもあるのです。

そして、なんとか納得するために日本人の生活様式を理由としてあげているというわけです。

しかし、本当にそれだけでしょうか?

日本の医療の高度さも大きな要因である

日本の医療は高度である。

これは今までも折に触れて書いてきましたが、
それは様々な数字やこれまでの成果によって抗いようのない事実であると言っていいでしょう。

その結果、当然コロナウイルスに対する対応がスムーズにうまく言ったという点はあるはずです。

しかし、それだけではなく、
そんな日本の医療の高度さが招いた日本人お医療に対する根底での信頼感も大きかったはずです。

この新型コロナウイルスのパンデミックの中でもパニックを起こさなかった国民性。

そこには、日本人の医療に対する信頼があったと言っても言い過ぎではないはずです。

国民皆保険制度というハードルの低さ

そしてもう一つ忘れてはいけないのが国民皆保険制度というポイント。

日本人にとってはあまり感覚的にわからないものですが、
世界各国において医療機関というのは日本ほど馴染み深い、言い換えれば行きやすい場所ではありません。

というのも、そこには高い医療費という事実があるからです。

しかし日本人にそれはなく、その結果、普段から自分の健康を管理してくれるかかりつけ医というものがありますし、
病院に安心して頻繁に通うという文化ができています。

これにより、普段から健康管理がきちんとした医療機関の支えによってできていたというのは大きいでしょう。

また、健康に不安を感じたとき相談できる相手がいたというのもパニックにならなかった要因と考えられます。

ミラクルを誇ってはいけない

世界的に被害の少なかった日本のミラクルとも言われる新型コロナの影響。
しかし、そのミラクルに頼っているわけにはいきません。

実際のところやはりそれは原因不明のミラクル

今回、日本は奇跡的に被害が少ないという状況に今のところなっています。

そして、なんとなくではありますがその原因として日本人の生活様式が関わっているというふうに考えられていますし、
その全ては否定できないでしょう。

しかし、あくまでそれは『不確かな』ファクトでしかありません。

このことをきっかけに、日本人はその生活様式の御蔭でパンデミックに強いなどという認識ができてしまうのは非常に危ないものです。

ミラクルと片付けずにしっかりとできることはする

今回の日本の被害の少なさ、それは、研究機関によってしっかりとその原因を見極めるべきでしょう。

しかしどうじに、一般の国民レベルでも、
安易に日本人の生活様式のおかげだという結論に持ってくることなく、
今後も注意深く予防対策は取られるべきです。

少なくともこのミラクルの原因がはっきりするまでは。

しっかりと、基本的なことを守ってコロナに対する備えをしておくべきなのです。

日本の医療に一定の価値

今回のコロナウイルスの蔓延ではっきりしたことは、
日本人の生活様式は優秀であるということ。

それと同時に、日本の医療は誇るべき価値があるという事もはっきりとしました。

もちろんそれにおごることなく、今後もしっかりとした対策は必要ですが、
医療不信の払拭に一役買ったことだけはまちがいないでしょう。

品質マニュアル

ISO13485:2016+QMS省令対応の品質マニュアルのお求めは、上の画像をクリックして下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
医療機器メーカーの工場長を23年経験しました。 本名は菊地孝仁、匠習作はペンネームです。 設計・製造・品質管理・安全管理まで経験済みです。 私自身、医療機器総括製造販売責任者、医療機器製造管理責任者の資格を有しています。 また、薬機法に関する業務も長年経験しております、QMS、GVP、ISO13485のマニュアル作成・運用まで対応しています。 21世紀のコア産業である、医療機器業界へ参入をお考えの経営者様、お気軽にご相談ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ISO13485への対応ならワークシフト , 2020 All Rights Reserved.