ISO13485(QMS省令対応)の品質マニュアル作成ならお任せ下さい

ISO13485の品質マニュアル販売、コンサルティングはお任せください

『逃亡医』:仙川環

WRITER
 
逃亡医
この記事を書いている人 - WRITER -
医療機器メーカーの工場長を23年経験しました。 本名は菊地孝仁、匠習作はペンネームです。 設計・製造・品質管理・安全管理まで経験済みです。 私自身、医療機器総括製造販売責任者、医療機器製造管理責任者の資格を有しています。 また、薬機法に関する業務も長年経験しております、QMS、GVP、ISO13485のマニュアル作成・運用まで対応しています。 21世紀のコア産業である、医療機器業界へ参入をお考えの経営者様、お気軽にご相談ください。


COVID-19
COVID-19 に関する最新の情報は内閣官房ホームページをご参照ください

重なり合う人生の交点に生まれた物語、逃亡医

この作品を、医療サスペンスして読むのは間違っているかもしれない。

それが、医療サスペンスの旗手仙川環の『逃亡医』に対するはじめの感想でした。

この作品の中には、特段強い医療に対する提言があるわけでもなく、
医療におけるなにか問題提起をもっているわけでも、
また医療の闇を暴くわけでもありません。

それどころか、医学的トリックさえない。

ただ、主人公が医者であり、臓器提供をめぐる人探しが発端であった。それだけです。

しかし、人間のリアルをえぐり出すミステリーとしては、
出色の出来であることは間違いありません。

複雑な人生を抱えた者たちの、その交点に生まれた物語。

それが本作です。

肝移植のドナー探しがすべての発端

では物語のあらすじを大まかに追っていきましょう。

元刑事のもとに迷い込んだドナー探しの以来

本作の主人公という位置づけになる、元刑事の奈月。

この奈月のもとに行きつけの喫茶店の店員である女性が依頼を持って訪ねてくる、
そこからストーリーが始まります。

その依頼とは、シングルマザーの彼が育てる息子の父親探し。

その理由が、息子の肝臓疾患に伴う肝移植のドナーとして、
その父親を探してくれというものだったのです。

失踪した父親、佐藤

奈月が探すこととなった男の名は、佐藤。

佐藤は、肝移植のドナーの話を切り出された直後、失踪していたのでした。

そんな佐藤の職業は心臓外科医。

患者からの評判も良く、社会的にも安定が保証されているにも関わらず、
佐藤はその仕事を放り投げてまで疾走という道を選んでいたのです。

ここから、奈月の佐藤を探す長い旅が始まります。

様々な人間が絡み合うロードミステリー

この作品をロードミステリーと分類するのはきっと間違っているのでしょう。

しかし、佐藤という人物を探す度は、どんどんとその様相を呈してきて、
そしてそこには多くの人間が複雑に絡んできます。

詳しくはネタバレになるために避けますが、
この絡み合う人たちの人間模様こそ、この作品の中心。

運命に導かれるように、複数の人間の行末がひとつに交わった時、
その真実と結末があなたを待っているのです。

人生の交点に生まれた物語

この作品のポイントは、それぞれが歩んできた人生とその交点。

その交わりの中に生じた様々な出来事が、物語を構成する主な要素となっています。

佐藤という男の人生

この物語の本筋である、佐藤という男。

この佐藤という男をなつきがおっていく過程で明らかになっていくのは、
佐藤の足取りとともにその男が歩んできた人生の履歴。

そこには、非常に印象的で複雑な人生が少しずつ浮かび上がってきます。

佐藤は、ドナーを嫌がって逃げたのではありません。

運悪く、ちょうど同じ頃に芽をふいた彼の人生の精算につながる出来事から、逃げ出していたのです。

奈月という人物

佐藤を追う元刑事奈月。

彼女もまた、妻子と別居して生きている男性との結婚を考えて刑事を退職し、
そこに澱のようにつもる鬱屈した何かを抱えている女性です。

そんな彼女が、刑事時代を思い出したかのように佐藤という男の人生に踏み込んでいく。

踏み込むほどに、様々な思いから抜け出せなくなっていく彼女の捜索の中で、
彼女と結婚を考えている男の間に生まれるささやかな食い違い。

それもまた、一つの人生の提示となって物語にスパイスを加えています。

様々人たちの人生

佐藤を追ううちに見えてきた、様々な人達の人生。

佐藤の人生の中でめぐりあいそして関わり合ってきた女性たち、
物語には欠かせない郷里をすてた半端者の男、なつき以外に佐藤を追う謎の男達。

そして、空にその周囲にいる沢山の人々。

そんな人達の人生が、佐藤と、奈月と、
複雑に交差していくたびに少しづつ明らかないなってく物語の真相。

この、人生の交差点に生まれる火花のようなファクトの集合体が真実につながっていくさまは、
まさにロードミステリー的な面白さに直結してきます。

そして、ふたたび始まる人生に向けて

物語の決着を見たあと、そこにあるのは新しい人生というスタート。

すべての人生が、ひとつの決着点において交差したときに明らかになるその真相は、
きっと読者の驚きを誘うものとなるはずですが、そこにあるのは驚きだけではありません。

その驚き以外のなにかに関しては、皆案が実際読んで確認してみてください。

それがグッドエンディングなのかどうかについて。

収束するイベントの妙

ミステリー作品は、最初のきっかけとなる出来事を主軸に、
様々な出来事が折り重なって出来上がります。

もちろん本作もその例にもれず、段々と明らかになる出来事や、
それにつながるイベントが起こる基本的なミステリーのカタチを踏襲しているものです。

しかし、そこには、様々な出来事が結末にむけて収束する面白みがある。

糸を紡ぐように、細い一本の糸のような人生が収束していく面白さ、そのたびに真実が見えていく快感。

本作の一番の魅力と言っていいでしょう。

品質マニュアル

ISO13485:2016+QMS省令対応の品質マニュアルのお求めは、上の画像をクリックして下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
医療機器メーカーの工場長を23年経験しました。 本名は菊地孝仁、匠習作はペンネームです。 設計・製造・品質管理・安全管理まで経験済みです。 私自身、医療機器総括製造販売責任者、医療機器製造管理責任者の資格を有しています。 また、薬機法に関する業務も長年経験しております、QMS、GVP、ISO13485のマニュアル作成・運用まで対応しています。 21世紀のコア産業である、医療機器業界へ参入をお考えの経営者様、お気軽にご相談ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ISO13485への対応ならワークシフト , 2021 All Rights Reserved.