ISO13485(QMS省令対応)の品質マニュアル作成ならお任せ下さい

ISO13485の品質マニュアル販売、コンサルティングはお任せください

新型コロナ「正しく恐れる」:西村秀一

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
医療機器メーカーの工場長を23年経験しました。 本名は菊地孝仁、匠習作はペンネームです。 設計・製造・品質管理・安全管理まで経験済みです。 私自身、医療機器総括製造販売責任者、医療機器製造管理責任者の資格を有しています。 また、薬機法に関する業務も長年経験しております、QMS、GVP、ISO13485のマニュアル作成・運用まで対応しています。 21世紀のコア産業である、医療機器業界へ参入をお考えの経営者様、お気軽にご相談ください。


COVID-19
COVID-19 に関する最新の情報は内閣官房ホームページをご参照ください

新型コロナウィルス関連の本をご紹介します

今やニュースで耳にしない日はない、新型コロナウィルスですがここで5冊の本をご紹介します。

他にも読みましたが面白かったのがこの5冊です。

  • 新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス) (日本語) 新書
  • 新型コロナ「正しく恐れる」 (日本語) 単行本 ? 2020/10/23
  • 新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実 (日経プレミアシリーズ) (日本語) 新書
  • 本当はこわくない新型コロナウイルスー 最新科学情報から解明する「日本コロナ」の真実 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ? 2020/10/1
  • コロナパンデミックは、本当か?: コロナ騒動の真相を探る (日本語) 単行本 ?

先日5月7日から6月4日まで毎週1冊ご紹介します。

コロナは空気感染する、だからいまほど怖くない? 『新型コロナ「正しく恐れる」』

新型コロナのニュースに接するうちに詳しくなってしまった感染経路。

一般の社会を普通に生きる上では、全く必要なかった空気感染や接触感染、
飛沫感染はたまたエアロゾル感染など様々な用語を、今の私たちは知っています。

主に、テレビや新聞を通じて。

そして、こう思っていたはずです「空気感染するかもしれないからコロナは怖いんだ」と。

しかし、実はそうではないかもしれない、と思わせてくれるのが本著。

『新型コロナを「正しく恐れる」』西村秀一著、なのです。

コロナは空気感染すると認める

コロナは空気感染をする。

これをまずしっかりと認めて、それから考えていこうというのが本著の最初の主張です。

世界をまたに活躍してきたウイルス感染症の権威

本著の著者西村秀一氏はアメリカCDCでも活躍した、
ウイルス感染症の権威でもある人です。

いまは国立病院機構仙台医療センター臨床研究武ウイルスセンター長として、やはりこの国のウイルス感染症に対する第一線で活躍している人です。

そんな彼が、このコロナ騒動に感じることは、
やはり多くの研究者と同じように恐れすぎているという現実。

これまで世界で猛威を奮ってきた、
ペストやスペイン風邪のような世界的パンデミックに比べ被害者数においてもスケールが格段に小さいはずのコロナによって起こった今の社会不安。

著者は、専門的見地からそこに疑問を投げかけます。

まずは空気感染であると認め、直視する

本著の著者がまず訴えているのは、このコロナが空気感染であると直視せよという点、

今のマスコミの論調や、著者の言う門外漢の専門家の意見を鵜呑みにしていると、
空気感染という言葉にさらに恐れを抱く人も多いと思いますが、まずはこれを直視せよと著者は言うのです。

そして、そのことをしっかりと認め、その上で「正しく恐れよ」というのです。

インフルエンザという呼吸器系のウイルス感染症の権威である著者のこの言葉は、
一つの指針として強烈なインパクトを持っていると言っていいでしょう。

相手の正体を正しく知ってこそ対策は講じられる

当たり前のようではありますが、
まさに今、コロナ対策において完全とは言い難い「敵を知る」という概念。

著者は、あの、入港問題で揉めたダイヤモンドプリンス号の出来事で、コロナの空気感染を確信し、
その後発表されたアメリカの論文などをもとに、空気感染であるということを主張しています。

そう、空気感染だとしっかりと認識しないと対策のとりようがないからです。

しかし、数々の専門性のない専門家やマスコミの論調によって、
空気感染であるとしっかりと認めることができず、的はずれな恐れ方や対策に終始している今の社会。

これでは、正しく恐れるというのは不可能です。

空気感染だとわかったほうが怖くない

コロナは空気感染である。

その前提で考えれば、いま行われている対策はおかしなことだらけだと、著者は言います。

空気感染には不必要な対策ばかり

今や当たり前の光景となった、アクリル板を挟んでいる人たちの姿。

しかし、こういった光景も、著者にしてみれば空気感染であるコロナには、大した意味のないものだというのです。

そう、なぜなら空気によって漂うコロナウイルスはアクリル板を容易に越えるからです。

そういう意味で、フェイスシールドも無意味ですし、バイキング料理を中止する必要もなければ、
屋外でマスクをする必要もないですし、マメに施設の消毒などしなくても良いのです。

なぜならこれは全て、接触感染の予防法だから。

そう、空気感染であるコロナにこれらはほとんど意味はない、と著者は言います。

コロナを恐れるのではなくコロナの可能性を恐れている

これはある意味、コロナというウイルスではなく、
コロナの可能性を恐れていると言ってもいいでしょう。

マスコミのミスリードや、
ウイルスの専門家ではなく細菌の専門家である恐怖を煽るだけの専門家のせいで。

コロナはきっと恐ろしい事態を引き起こすというストーリーを作りたがる世間のせいで。

過剰に恐れ、過剰に窮屈に生きようとしているのでしょう。

可能性という言葉を盾にゼロリスクを推奨するような社会の中で、
わたし達はいま、愛する人のご遺体をパッキングしてしまい、満足に弔うことすら禁じられています。

これが、著者の言う過剰に恐れている現状です。

コロナは怖い、しかし空気感染対策をしっかりすればいい

コロナは怖い病気です。

しかし、それが空気感染であることをしっかりと把握していれば、そして、
過剰に恐れるような病気ではないと認識していれば、わたし達がやらなければいけいことはぐんと減ります。

三密を避け、マスクをしっかりとつける、手指を消毒する(手を洗う。

本著の中で語られる対策は、ほとんどそれくらいのものです。

それは、コロナがその程度しか怖くないというのではなく、
空気感染するコロナに対抗する方法はそれくらいのものだ、ということでもあります。

それでも、この閉塞した社会の有り様にとっては大きな福音でもあるはずです。

今後も付き合い続けるコロナを正しく恐れる

著者は、このコロナの感染の猛威は、あと数年は続くと言います。

そして、だからこそ、空気感染においては意味のない対策に拘泥して、
生活を狭め、心を閉ざして生きるのではなく、もとの生活にできるだけ戻していこうと訴えます。

コロナをインフルエンザのような普通の感染症としてともに行きていく生活様式。

空気感染であることを意識して、意味のない対策を一つ一つ疑問を持って取りやめていく勇気。

いま私達が求められていることはこれだ、と著者は訴えているのです。。

品質マニュアル

ISO13485:2016+QMS省令対応の品質マニュアルのお求めは、上の画像をクリックして下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
医療機器メーカーの工場長を23年経験しました。 本名は菊地孝仁、匠習作はペンネームです。 設計・製造・品質管理・安全管理まで経験済みです。 私自身、医療機器総括製造販売責任者、医療機器製造管理責任者の資格を有しています。 また、薬機法に関する業務も長年経験しております、QMS、GVP、ISO13485のマニュアル作成・運用まで対応しています。 21世紀のコア産業である、医療機器業界へ参入をお考えの経営者様、お気軽にご相談ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ISO13485への対応ならワークシフト , 2021 All Rights Reserved.