ISO13485(QMS省令対応)の品質マニュアル作成ならお任せ下さい

ISO13485の品質マニュアル販売、コンサルティングはお任せください

本当は怖くない新型コロナウイルス:井上正康

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
医療機器メーカーの工場長を23年経験しました。 本名は菊地孝仁、匠習作はペンネームです。 設計・製造・品質管理・安全管理まで経験済みです。 私自身、医療機器総括製造販売責任者、医療機器製造管理責任者の資格を有しています。 また、薬機法に関する業務も長年経験しております、QMS、GVP、ISO13485のマニュアル作成・運用まで対応しています。 21世紀のコア産業である、医療機器業界へ参入をお考えの経営者様、お気軽にご相談ください。


COVID-19
COVID-19 に関する最新の情報は内閣官房ホームページをご参照ください

新型コロナウィルス関連の本をご紹介します

今やニュースで耳にしない日はない、新型コロナウィルスですがここで5冊の本をご紹介します。

他にも読みましたが面白かったのがこの5冊です。

  • 新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス) (日本語) 新書
  • 新型コロナ「正しく恐れる」 (日本語) 単行本 ? 2020/10/23
  • 新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実 (日経プレミアシリーズ) (日本語) 新書
  • 本当はこわくない新型コロナウイルスー 最新科学情報から解明する「日本コロナ」の真実 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ? 2020/10/1
  • コロナパンデミックは、本当か?: コロナ騒動の真相を探る (日本語) 単行本 ?

先日5月7日から6月4日まで毎週1冊ご紹介します。

私たちはなにと戦っているのか。『~本当は怖くない新型コロナウイルス』 井上正康著

コロナウイルスが世間で注目され始めて2年。

世界中で様々な問題と狂騒を巻き起こしたコロナウイルスは、
私たちの日常生活を、それ以前までの世界とは全く違うものに変えてしまいました。

特に日本においてそれは顕著で、あまりに変わった世界に戸惑いは今でもきっとあるはずです。

しかし、それが「仕方のないもの」であれば良いんです。

ただ、もしそれが、実際「不必要な変化」であった場合はどうでしょう。

そんな、今の世界を生きる私たちにとって衝撃的とも言える警告を発しているのが本著『本当は怖くない新型コロナウイルス』なのです。

資料をもとにした圧倒的「真実」

本著の特徴は、資料をもとにした圧倒的真実によって構成されているということ。

当たり前のように思われますが、
本著の読後にはその大切さが身にしみてわかるはずです。

コロナウイルスとは何なのか

コロナウイルスとは何であるのか。

その問いに対して本著では「感染力が少し強い季節性の風邪ウイルス」だ、と断じています。

この答えは、これまでマスコミや政府発表、
様々な専門家によって「恐怖の殺人ウイルス」のように教えられてきたわたしたちには、にわかに信じがたいものです。

しかし、本著においては、様々な観点からそうである証拠を突きつけられます。

そして、納得させられるのです。

三密回避もソーシャルディスタンスも不要

本著では、新型コロナウイルス蔓延防止の常識である部分にも深くメスを切り込んでいます。

それが、三密回避・ソーシャルディスタンス・という、今や日本社会の日常における常識や、
新型コロナウイルスに対抗する最終兵器のように思われている数々のモノたちです。

これについても、様々な情報や資料、そして実際に起った出来事をもとにしっかりと解説されています。

例えば、人口密度と死亡率に相関がないと提示されたときなどは、かなりショックを受けるはずです。

ロックダウンも接触8割減も効果はない

わたしたちは、いま、とにかく接触を減らすことを強いられています。

しかし、本著では2020年に行われた接触8割減目標の非常事態宣言も東京ロックダウンも効果はなかったと断じています。

それどころか、それは世界中で効果がなかったというのです。

しかし、御存知の通り、非常事態宣言や自粛活動は2021年になっても行われました。

いまなお蔓延防止策などで国民の行動は制限されようとしています。

この事実が、わたし達の生活に大きな問題を提起してくるのです。

日本人は新型コロナに強い

非常に意訳した小見出しですが、本著においては、つまりそういう事が書かれています。

民族的に持っていた免疫や、弱毒性のコロナウイルスが先に上陸していてすでに免疫を獲得していたことなど、
様々なデータから、日本で感染者数や死亡者が少なかった理由を解き明かしています。

また、CT検査が容易に受けられる日本では、
感染し発症したあとでも他国に比べて強みがある。

こういった事実もまた、しっかりと知るべき情報です。

私たちはなにと戦っていたのか

コロナウイルスが、ただの季節性の風邪の仲間で、三密回避もソーシャルディスタンスにも意味はなく、様々な自粛にも効果がないとすれば、私たちは今まで一体何とたかっていたのでしょうか。

過剰なマスコミの影響

本著では、この頃な騒ぎの原因の大きな一端は過剰なマスコミの影響であると示唆しています。

その一例としてPCR検査が挙げられているのですが、
PCR検査はあくまで「陽性であるかもしれない可能性」がわかるだけのものであり、限定的な効果しかないことがわかっています。

しかし、最近は減ったものの、
未だにPCR検査数の数が少ないことを問題視するマスコミは存在します。

そして、2020年においては、国民全員検査などいい出しているマスコミや、
マスコミに登場する専門家もいたほどです。

こうした過剰なマスコミの反応が、コロナ騒動の原因の大きな一つだと本著は論じているのです。

日本人の性質

非常事態宣言のようにな公的なもの、そしてマスコミが引き起こした騒動による社会的な制約。

こういったものに対して、共同体の和を重んずる日本人は、容易に染まり流されていく。

これもまた、今日の頃な騒動の原因の一端であると本著には書かれています。

もちろんそれが悪というわけではありませんが、
与えられた情報や流布されている「大多数の意見に見えるもの」に流されるようなことが、
コロナ騒動を大きくしている原因だというのです。

冷静かつ科学的な視点を持って日常に戻る

では、私たちは今後どのようにコロナと戦っていけば良いのでしょうか。

本著では、なにもコロナは全く怖くないと言っているわけではありません。

一般に言われているように、がん治療中の方や基礎疾患もつ方、免疫にハンディがある方や高齢者については注意が必要だとかいてあります。

突然変異ウイルスに気をつけるべきであるとも論じています。

しかし、社会生活や文化的な活動、
経済活動や学術的な活動などを大きく制限してしまった今回の騒動を『医学界の歴史的敗北』とも断じているのです。

そこには、マスコミに踊らされた国民の圧力や過剰に反応した政府の圧力もあったはずです。

しかし、だからこそ、私たちは冷静で科学的な視点からこの新しい病気を見つめる必要があったはずです。

本著では、いち早く国民がコロナ恐怖症から脱却し正常な日常を取り戻すことを最後に訴えています。

その訴えは、いま、アフターコロナの時代に突入すると言われている日本に対する大いなる逆説。

ビフォアコロナに戻ろうという、提言なのです。

品質マニュアル

ISO13485:2016+QMS省令対応の品質マニュアルのお求めは、上の画像をクリックして下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
医療機器メーカーの工場長を23年経験しました。 本名は菊地孝仁、匠習作はペンネームです。 設計・製造・品質管理・安全管理まで経験済みです。 私自身、医療機器総括製造販売責任者、医療機器製造管理責任者の資格を有しています。 また、薬機法に関する業務も長年経験しております、QMS、GVP、ISO13485のマニュアル作成・運用まで対応しています。 21世紀のコア産業である、医療機器業界へ参入をお考えの経営者様、お気軽にご相談ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ISO13485への対応ならワークシフト , 2021 All Rights Reserved.